スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<老齢加算>原告ら復活求め厚労省に要請 廃止違法判決受け(毎日新聞)

 生活保護の老齢加算廃止は違法として、北九州市の処分を取り消した福岡高裁判決を受け、原告らが15日、厚生労働省に加算復活などを求める要請をした。

 原告の毛利吉彦さん(76)は「私たちはもう先がないので、(加算を)一日でも半日でも早く返してほしい」と要請。原告側の高木健康弁護士は「判決は生活保護は単なるお恵みでなく、国民の権利だと明確にした。上告にならないよう(市への指導を)お願いしたい」などと述べた。

 要請を受けた厚労省保護課担当者は「一連の裁判を踏まえ、慎重に検討したい」と対応した。長妻昭厚労相は15日の閣議後会見で「(上告の)タイムリミットがあるので(市に)適切な助言をしていきたい」と述べた。【野倉恵】

【関連ニュース】
生活保護:老齢加算廃止は違法 福岡高裁
診療報酬詐欺:山本元理事長に2審も実刑判決 大阪高裁
低額宿泊所:「市が運営に便宜」…弁護士ら監査要求 愛知
詐欺:保護費だまし取った疑い、NPO幹部ら逮捕 大阪
老齢加算廃止:2審も「合憲」判断 東京高裁

郵政法案、臨時国会で成立を=前原国交相(時事通信)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
<口蹄疫>菅首相、12日に宮崎へ(毎日新聞)
<動画>「ユーチューブ」使い違法配信 中3少年を逮捕(毎日新聞)
スポンサーサイト

2010年の夏のボーナス、去年と比べてどうですか?(Business Media 誠)

 2010年夏のボーナスは、昨年の支給額と比べてどうなりそうですか? 25~34歳のビジネスパーソンに聞いたところ「上がりそう」と答えた人は20.8%、「下がりそう」は29.8%であることが、インテリジェンスの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 下がると予想する人は約3割だったが、昨年の45.6%からは大幅に減少。「市場環境が好転していることがうかがえた」(インテリジェンス)としている。

 支給金額を聞いたところ、全体の平均は33万円。昨年の支給額平均34万2000円と比較すると、1万2000円減少した。ただ2009年の調査では、前年比5万5000円の減額であったことを考えると、減額幅に改善が見られた。業種別で見てみると、「メディカル」(前年比1.7%増)と「メーカー」(同0.1%増)はわずかに増加。しかし「商社/流通」(同9.2%減)、「IT/通信/インターネット」(同8.0%減)、「小売/外食」(同6.0%減)は昨年に引き続き、ボーナスの減少を予想する傾向がうかがえた。

●ボーナス金額の増減による転職意向

 ボーナスの支給額によって、転職を考えるという人はどのくらいいるのだろうか。「転職を検討する」という人は19.2%。また転職を検討するという人に、どのくらいの減額で転職を考えますかと聞いたところ、平均で前年比29.2%(9万6000円相当)の減額で転職を検討するという結果に。

 業種別で見てみると、「メディカル」の6.2%減が最も検討ラインが低かった。その一方「メディア」(35.0%)、「サービス」(35.5%)、「メーカー」(33.0%)、「金融」(32.4%)は30%以上と高い数値となった。「製薬、医療機器メーカーなどを含む『メディカル』業界は、不景気の影響を受けず好調が続いており、採用活動も活発で転職者の売り手市場が続いている。そのため、業界就業者は『ボーナスが上がるのは当たり前』という認識が強くなっており、他業界と比較しても許容できる減額率が大幅に低くなっていると考えられる」(インテリジェンス)

 インターネットによる調査で、25~34歳のビジネスパーソン5000人が回答した。調査期間は4月21日から4月25日まで。

【関連記事】
もう限界かもしれない……“ブラック企業リスト”の実態
ボーナスの支給日と会社を辞める日の関係
「会社を辞めたい」と感じているのは、どの業種で働いている人?

<島根原発>差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁(毎日新聞)
【風】「ワクチン行政」医師悲鳴(産経新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)
「首相の進退、判断必要」民主参院幹部(読売新聞)
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)

雑記帳 明るい社会づくりに谷村新司さんが応援歌で協力(毎日新聞)

 犯罪や非行のない社会づくりを目指す法務省の「社会を明るくする運動」に協力するため、谷村新司さん(61)が応援歌「咲きほこる花のように」を作詞作曲し、24日、千葉景子法相にCDを贈った。

 きずなを大切にする谷村さんの活動が運動の趣旨に合うと法務省が依頼し、谷村さんも共鳴。保護司の手記に目を通して作詞した。収益は更生保護活動に寄せる。

 稲妻のように鮮烈な音楽で若者に支持されたアリスの結成から約40年。還暦を過ぎた今も「歌に接すれば、自分は独りじゃないと教えてもらえる。手を差し伸べる大人でありたい」と、新たな「伝道師役」に谷村さんは意欲満々だ。【石川淳一】

【関連ニュース】
アリス:4度目の再始動、28年ぶり全国ツアー開催 谷村「おかえりと言って」

口蹄疫被害対策、約81億円補正予算案 宮崎県(産経新聞)
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
<桜前線>ようやく稚内に到達 観測史上最長の73日(毎日新聞)
将棋 3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)
前橋会社経営者殺害、新たに暴力団組長を逮捕(産経新聞)

<訃報>梶木剛さん73歳=文芸評論家(毎日新聞)

 梶木剛さん73歳(かじき・ごう<本名・佐藤春夫=さとう・はるお>文芸評論家)19日、食道がんのため死去。葬儀は23日午後1時、千葉市美浜区高洲4の7の7の博全社美浜儀式殿。喪主は妻満洲子(ますこ)さん。

 著作に「斎藤茂吉」「柳田国男の思想」など。

<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
広島少年院暴行、元法務教官に2審で猶予判決(読売新聞)
MOX燃料加工工場に許可 核燃料サイクルつながる(産経新聞)
<住居侵入>疑いで男逮捕 パチンコ玉でガラス割り 福岡(毎日新聞)
中村航さん「あのとき始まったことのすべて」刊行 異色の理系小説家、長編に自信(産経新聞)

14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)

 重い心臓病の治療のため渡米した仙台市の寺町沙也さん(15)の支援団体「さやちゃんを救う会」は8日、札幌市で記者会見し、寺町さんの心臓移植手術が7日(日本時間8日)終了し、無事成功したと発表した。手術は9時間近くかかり、主治医は両親に「すべてうまくいった」と伝えたという。
 寺町さんは中学生だった2007年11月に発症。東北大病院で治療を続けたが、昨年末、拡張型心筋症で余命半年と宣告された。渡航費用などを募金で集め、米コロンビア大病院に4日(同5日)入院、6日(同7日)に提供者が見つかった。 

【関連ニュース】
「再び教壇へ」男性教諭に肝移植を=支援者らが募金呼び掛け
余命半年、14歳少女に心臓移植を=両親や主治医、募金呼び掛け

囲碁 本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
<富士山>青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
失敗から何を学ぶか…新しい「鳩山論」の時期が来た(産経新聞)
<雑記帳>双子のヤギ「りょうま」と「おとめ」 め~コンビ(毎日新聞)
<郵便不正>「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

うえまつけいじさん

Author:うえまつけいじさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。